コロナ以降の医療業界の現状

コロナ前とコロナ後で大きく影響を受けた業種が医療業界ですね!

 

医師、看護師、薬剤師も大きく職場状況が変わりました。

 

病院経営にも大きなダメージがあり、人員削減などもちらほら聞くこともあります。

 

また、コロナ患者の受け入れをしている病院で従事している医療従事者は、感染のリスクはもちろん、家族にも会えないという状況の方もいられます。

 

医療業界は、コロナで一番、大きな変革が起こった業界で、職場環境はもちろん、就業先、求人などにも大きな影響が出てくると思われます。

 

 

コロナ禍で、医師も看護師も薬剤師も医療に関わるすべての方が、大きく変化したことは、待ちがないなく、今後も職場環境はもちろん、求人募集などにも影響が出てくると予想されています。


コロナ禍での薬剤師求人

コロナで薬剤師の職場は、大きなダメージを受けるところも多く、病院への患者の受け入れや病院への通院を控えるなど、処方箋数が極端に減少したいう調剤薬局もあります。

 

薬剤師の職場が暇になれば、薬剤師の就業時間の減少はもちろん、人材の削減などにも繋がるケースもあります。

 

ただ、薬剤師の職場の多くが、コロナ前から薬剤師の人数が少ないということもあり、削減まではあまり聞きませんが、コロナ後は、薬剤師の求人募集が減少していることは、薬剤師求人サイトの担当者も嘆いています。

 

そうです、薬剤師の仕事は売り手市場と長年言われてきましたが、コロナ禍でこれが大きく変わったと言えます。

 

特に非常勤で働く薬剤師さん、アルバイトやパートタイム、派遣などは、影響が大きくなったと言われています。

 

薬剤師バイトやパートの求人募集も減少し、派遣薬剤師の紹介は、本当に少なくなっています。

 

コロナ禍で、薬剤師の働き方、仕事探しも大きく変わったと言えます。

コロナ禍での薬剤師転職事情

コロナの影響で仕事を失った薬剤師さんや職場環境が大きく変わり、転職を余儀なくされている薬剤師さんもいるのではないでしょうか?

 

薬剤師転職事情は、コロナで大きく変わった職種の1つです。

 

医療業界だからしょうがないのですが、特に薬剤師の求人は、減少しています。

 

地域差はありますが、以前よりも薬剤師の転職や仕事探しをする方が増加したことで、売り手市場からそれほどの売り手市場ではなくなったと言われています。

 

それでも、薬剤師求人は、まだまだ条件次第では、募集は多く、転職先探し、仕事探しは良い方だと言えます。

 

薬剤師の転職や求人は、コロナ前とはガラリと変わりましたが、条件によっては転職のチャンスと言える職場もあります。

 

ただ、全体的に見た際は、コロナ禍では、転職は控えたほうが良いと言えます。

 

 

 

関連リンク